前へ
次へ

調理法を工夫して野菜の栄養をきちんと摂ろう

一日に必要な栄養素は普段の食事から摂取したいと考えているときは、野菜の調理法に工夫してみるとよいでしょう。
野菜にはたくさんの栄養素が含まれていますが、調理法によっては栄養素が流れ出てしまうことがあります。
野菜の栄養を無駄なく摂取するためにも、食材に合わせて最適な調理法を覚えておくとよいでしょう。
水に溶け出しやすい栄養素は、ビタミンCやビタミンB群、カリウム、葉酸などが挙げられます。
これらの栄養素が多く含まれている野菜を食べるときは、蒸し料理が適していると言われています。
蒸し料理は水蒸気の熱で素材を温めるため、栄養が流れ出るのを大きく防ぐことができます。
さらに、蒸し料理を作るときは、野菜を細かく切らずに丸ごと調理することで、より栄養が流れ出るのを防げます。
蒸し料理を作る時間がない場合は、電子レンジで調理してみましょう。
電子レンジはマイクロ波で食材を温めるため、栄養が溶け出す心配がないと言われています。

男目線の商品が揃うお店
かっこよく料理するならMONObASEにアクセスください

昆布 大阪

大人数での外部のレッスンにも対応!
出張・団体レッスンの受付も行っていますので地域の団体などでレッスンを受けたいという方にもおすすめです。

お茶などの準備もしなくてよいのでラクチン!
お弁当1個ごとに缶あるいはペットボトルのお茶がサービスでついてくるのでお茶の準備等の手間がかかりません。

神戸で評判の高いスイーツ店
アイスクリームだけでなくおいしいスープもご用意しています

また、どうしても野菜をゆでて食べたいときは、野菜をゆでるときの水分量を少なくしましょう。
そして、そのゆで汁を料理に使えば、流れ出した野菜の栄養を丸ごと摂取できます。
しかも、野菜の出汁の味も加わるため、料理の味に深みが出て美味しく出来上がります。
ゆで汁は、みそ汁やスープ、カレー、煮物に加えるなどして、調理に活用するとよいでしょう。
冬は野菜の栄養を摂るために鍋料理を食べるご家庭が多いです。
お鍋に野菜を入れると、どうしても栄養素が流れ出てしまうため、締めに雑炊やうどんを作って煮汁まで食べ切ってしまいましょう。
鍋料理を食べた後の煮汁には、野菜の栄養がたくさん含まれています。
この煮汁を利用して雑炊やうどんを作れば、よりしっかり野菜の栄養を摂取できるのでお勧めです。
ちなみに、野菜の中には栄養が溶け出しにくいものもあります。
たとえば、ピーマンやじゃがいも、さつまいもといった野菜は、ゆでても栄養が溶け出しにくいと言われています。
野菜を食べるときは、栄養が溶け出しにくい野菜を上手に取り入れながら献立を考えれば、不足しやすい栄養までしっかり摂取することが可能です。

Page Top