前へ
次へ

様々な調理法で白菜を美味しく食べよう

毎年冬になると、知人から白菜をたくさん頂きます。
白菜を使った冬の定番の調理法と言うと、お鍋です。
北海道に住んでいるため、冬の季節はお鍋をする機会が多いので、白菜をたくさん頂くのはとてもありがたく思っています。
お鍋を作るときは、塩味やとんこつ味、醤油味の定番から、キムチ味やミルク味など、飽きないようにスープの味を変えて調理するようにしています。
ただ、やはりお鍋に入れて食べるだけだと飽きてしまうことがあります。
そのため、お鍋以外で美味しく食べられる調理法をいろいろ試しています。
たとえば、ロールキャベツを白菜を使用して作ったり、お肉と一緒に炒めたり、ひき肉と一緒にオムレツに入れたりしています。
他にも、簡単に作れる浅漬けにしたり、ちくわと一緒に卵とじにしたりと、箸休め的なお料理としても白菜は使いやすい食材のひとつです。
お鍋以外にもさまざまなお料理に合うので、たくさん頂く白菜もあっと言う間に消費することができます。
今年も白菜を頂く予定なので、新しい調理法を調べてチャレンジしたいと思います。

Page Top