前へ
次へ

長芋の皮も美味しく食べられる調理法があります

私は学生の頃から冷え性で悩んでいます。
冬だけではなく夏も体が冷えやすいので、体の中から温めていきたいと思い、積極的に根菜を食べるようになりました。
根菜はもともと好きですが、特に長芋は大好きな食材なので、体の冷えを改善するために食べることが多いです。
長芋の調理法はいろいろあって、和風、洋風、イタリアンなど様々な食べ方を楽しめます。
また、皮も美味しく食べられるので、皮をむいたときは捨てずに、手軽にできる調理法で簡単な一品を作っています。
たとえば、食べやすい大きさに切った長芋の皮をフライパンで炒めています。
10分ほどかけてじっくり炒めたら、ちりめんじゃこを加えて軽く炒め合わせて、塩をふれば出来上がりです。
簡単な調理法ではありますが、長芋の皮を捨てることなく美味しく食べ切ることができます。
パリパリとした食感と香ばしさを味わえるので、今では長芋を購入したときの楽しみになっています。
ちなみに、長芋の皮を調理するときは、たわしでこすってヒゲを取り除いています。

Page Top